禁煙のための薬?

禁煙のための薬?

禁煙をするための薬があればなー。
と考えたことのある喫煙者の方も多いかもしれませんが、実はアメリカのファイザーという会社がこの禁煙薬を開発し、実際にアメリカでは発売もされています。

日本での発売は承認が降り次第ということで、まだ販売はされておりませんが、近いうちには身近な薬局などで見かけるようになるでしょう。

気になるその薬での禁煙率ですが、臨床テストの結果が44%と決して低くはありません。

また吐き気などの副作用もあるそうですので、しっかりと専門家に処方してもらう必要のあるものでしょう。

ファイザーというと、ニコレットという禁煙の為のガムが有名ですが、とうとう禁煙薬なるものまで開発してしまったようです。

この新しい禁煙薬が禁煙をしたい人にとっての救世主となるか。
非常に見ものです。

その他の禁煙薬

皆さんがイメージする薬とはちょっと違うかもしれませんが、タバコの葉の代わりに漢方によく使われる杜仲の葉を使用した禁煙草というものがあります。

この禁煙草は普通のタバコと使い方は一緒なのですが、大きな違いとしてニコチンは一切含まれていません。

つまりはいつものようにタバコを吸いながらも、徐々にニコチン中毒から抜け出していくという、非常に理がかなったものでもあります。

しかし、いくらニコチンが含まれていないとはいえ、煙を吸い込むということは変わりはありません。

ニコチンが含まれていないことをいいことに、何週間も何ヶ月も吸ってしまうと、結局は完全な禁煙というものはできなくなってきます。

この禁煙草は禁煙補助品として扱われていますが、あくまで補助ということを忘れずに、是非自分の禁煙の意思は強く持つようにしましょう。