神奈川県の禁煙条例

公共の場での禁煙条例

私が住んでいる神奈川県では最近になって、居酒屋やレストラン、パチンコ店など公共の場での室内を全面的に禁煙にするという条例が話題になっています。

この条例はまだ施行されたわけではないのですが、そのうちに施行されるであろうというのが大方の見方となっているようです。

この神奈川県の禁煙条例に大きく反発しているのが、実は喫煙をする喫煙者ではなく、自分の店を禁煙にしなければならないレストランなどのオーナーなのですが、現在の客層の喫煙率を見ればそれも簡単に理解はできます。

居酒屋などに行くと、半数ほどのお客さんが喫煙をしているこの現状で、この条例が施行されることでお客さんの何割かが減っていくという恐怖は商売をしている人からすると非常に大きな死活問題などというのは簡単に想像できるでしょう。

私がよく行く喫茶店などは完全に喫煙席と禁煙席を分別し、禁煙席を非常に小さなスペースにまとめてしまったのですが、お客さんの多くがその狭いスペースにひきめしあっている状態になっています。

そしてまわりの禁煙席は多くの席があるにも関わらず、がらがら状態。

非喫煙者の方々は、非常に優雅に広いスペースを楽しんでおられるようです。

タバコを吸わない者にとっては最高の状況かもしれませんが、この喫茶店のオーナーは一体どのような気持ちでこの状態を見ておられるのでしょうか。

非喫煙者からすると非常に待ち遠しいこの神奈川県の禁煙条例ですが、神奈川県で施行されれば他の県でもきっと同じような条例を定めるところが次々に出てくるでしょう。

そのような社会の流れになってしまうと、いまでも肩身の狭い喫煙者はますます肩身の狭い思いをしていくことになるでしょう。

私自身、元喫煙者ですので、非喫煙者・喫煙者の両方の気持ちが分かると思っていますが、これらかの状況を考えると喫煙者の方に同情せざるを得ません。

そんな社会の流れになる前の今のうちに禁煙の二文字は頭に入れておいた方が良いものなのかもしれません。