禁煙の方法と禁煙の効果

禁煙の方法と禁煙の効果

最近では禁煙の波が世界中に広がっており、日本でも喫煙者の肩身は非常に狭くなってきました。

私の場合も昔は飲み会などに行けばほとんど全ての人が喫煙をしていたにも関わらず、最近では同じような面子と会っているのにも関わらず喫煙者は本当に少数派となってしまいました。

私と同じような状況におり、「そんな場では中々たばこも吸えないよ…」と嘆いている方も多いのではないでしょうか。

確かに非喫煙者の方からするとタバコの臭いは非常に不快なものらしいですし、何より他人の煙によって自分の健康が害されてはたまったものではありません。

「そんなこと言ったって、お前も車は運転するし、生ゴミだって出せば有害ガスを発生させる元になるんだぜ!!タバコだけが何で攻撃されなければならないの!?」

そう考える喫煙者の方も多いでしょう。
気持ちは非常によく分かります。
私も同じように思っていましたから。

しかしそのようにどれだけ自分を正当化しようとしても、どこか心の中で思っていませんか?

そろそろ禁煙でもしようかな…、と。

禁煙は難しい!

たばこを吸わない人からすると、何で禁煙なんてものができないのか不思議に思うそうですが、喫煙者からすると禁煙ほど難しいことはありません。

喫煙の習慣が長ければ長い人ほどこのことは言えると思います。

また、タバコを吸わない人が喫煙者の方に向かって、「たばこなんて気合でやめろ!」
と言ったりもしますが、気合で禁煙ができれば苦労は誰もしないんですよ。

かといって、禁煙をするためにはある程度の自分の固い意志というものは必ず必要になってきます。
幸い最近では禁煙をするためのグッズや治療なども探せば数多くありますので、これらの手助けを借りることも一つの手段として必ず考えるべきでしょう。

こういったものの助けを借りれば、意思がちょっと弱い人間(私のような)でもしっかり禁煙することができたりします。

禁煙をして痛みの分かる優しい人間に。

私が禁煙をする前はいわゆる嫌煙家という人たちがあまり好きではありませんでした。

「確かにたばこが良いものだとは言わないけど、この人たちは一体何の権利があって人を見下した態度をとるんだろう。
完全に人畜無害な人間なんて決していないだろうに。。」

といった感じで(笑)。

そんなこと言ったら何の権利があって公共の場でタバコを吸うんだ!と逆に言われそうですが。。

しかし禁煙に成功した今でも、たばこと言うだけで過剰に反応する人間は私はあまり好きではありません。
喫煙者というものを経験し、また禁煙をして喫煙の迷惑も知る。

こういったことができる中道の人間に禁煙することでなれたら、それが最高かもしれませんね。